スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

雨が降ってもへっちゃらなんだね

雨が降っても関係ないんだよね

雨が降り続ける金曜日。

「おはよう!けっこうふってるねー」

なんて言いながら子どもたちが校舎へ入っていきます。

ザーザーと本降りになっていた休み時間。

「まあ、こんな日は子どもたちも校舎の中にいるだろう」

そう思っていたけれど甘かった(笑)

中庭に子どもたちがいるのが見える。

しかも傘も差さずに走り回っている。

子どもたちは雨であろうがなんであろうが外へ出る。

「今日は雨が降っているので教室で静かに過ごしましょう!」

なんて校内放送もない。

雨が降っているからといって止めちゃうのは大人たちなんですよね。

子どもたちにとっては余計なお世話なんだな。

帰りのバスが出発する前にも水たまりと戯れる子どもたち多数。

「長靴最強!」

ってな感じでバシャバシャやっている。

「おいおい、それじゃあバス汚れるぞ!」

そんなことを思ってしまうのですが、まあ良しとしましょう。

汚れたら拭けばいいわけだしね。

子どもたちにとってこういう時間は貴重な時間。

みんなでワイワイやって..

「なんだか楽しいよなあ」

そんな感覚が記憶に残るだけでもハッピーですよね。

きっと。

「雨の日だって楽しめるぞ!」

そんなことを教わった金曜日でした。

タイトルとURLをコピーしました