【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

ムシトリナデシコはいつどこから?

ムシトリナデシコ

遠くから見るとピンクの花が固まって見える「ムシトリナデシコ」

「いったいどこからやって来たのだろうか?」

「いつ頃やって来たのだろうか?」

そんな疑問が湧いてしまった金曜日の夕刻です。

ポツリポツリと咲いているのですが、どんな歴史があるのでしょうか。

これもヨーロッパ原産で江戸時代に入ってきた外来植物です。

標高895mの信州の山間地にある大日向小学校の中庭に咲く。

この大日向へ海外から持ち込まれたのは、明治に入ってからかな…

鉄が取れたという歴史があり、多くの人たちが入って来た頃があります。

「こんなところに鉄山があったのか?」

なんて思うと、なんとも興味深い。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/icmrb/18/0/18_KJ00007036799/_pdf

江戸時代、嘉永年間には「たたら場」が稼働していたという。

嘉永年間といえばペリーが率いる黒船がやって来た時代です。

そんな時代に、誰が磁鉄鉱を見つけて「たたら場」を作ったのか…

ここで作られた鉄はどこへ行ったのか…

この可憐なピンクの花は、その頃に持ち込まれた可能性もあるのでしょうか。

この地域周辺に小海線が通ったのは1919年(大正8年)なので、その頃かな?

そんなことにも思いをはせるのも楽しいものです。

街に歴史あり、花にも歴史あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました