【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

毎日に感謝して時代を生きよう

毎日に感謝して時代を生きよう

お盆だというのに、まだまだ暑さに慣れない今日この頃。

皆さんは大丈夫でしょうか。

連日、35度を超える地点が報告されるほど気温が高い。

「体温と変わらないじゃん」

と呟くサッカーボーイズ3号は今日も元気に出かけています(笑)

若いっていいよね。

今朝もKindleで読書をしてから日の出時刻に合わせて散歩に出かけました。

昨夕の雷雨のおかげでしょうか…

今日は少しだけ涼しい感じがしたので1時間ほど歩きました。

ちょっと気になるのは分譲地が増えているということ。

地主さんたちに相続が出たのかなっていう場所が目立ちます。

「あらら、ここまで住宅になっちゃった」

畑だったところが宅地造成されていて新しい家が建っている。

そして、やっぱり空き家も目立つようになってきた。

新型コロナウィルス感染拡大前から時代は変わりつつあるんですね。

ボクの実家は外装工事中で職人さんが汗だくになっています。

「もう最後だと思うんだよね」

と冗談ぽく母は言いますが、真面目にそう考えているからドキッとします。

お盆になって近隣の家では、ご先祖様を迎える準備が完了しています。

そんな光景を見て複雑な気分になるのは長男だからかもしれません。

2日後には終戦記念日を迎えます。

そんなこともあって、戦争に関するドキュメンタリーもやっている。

ガダルカナル島の戦いに関する番組を見ながら、これまたあれこれ考える。

平和な暮らしってのは簡単なことじゃない。

当たり前だと思ってもいけないなって再認識。

「命、燃やしてる?」

そんなことを人生の大先輩たちに問われている気分にもなります。

「まだまだダメですね」

そして…

「ウィズコロナの時代と言われる中で国家はどうすべきか?」

そんな番組も見ながら頭の中は更にグルグルと回る。

平和な暮らしが続くことや楽しく生きることができる社会づくりの貢献したい。

小さなことでいいから…

ボクの得意な分野を生かしつつ「毎日に感謝して時代を生きよう」と思います。

それにしても暑いね(汗)

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました