【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

「移住」の決め手は何だろう?

コロナ移住のすすめ

信州の中山間地、標高895mにある大日向小学校へ1冊の本が置かれています。

「コロナ移住のすすめ」と何ともタイムリーな題名。

この本の中には、ボクらの学校関係者も登場しています。

一人目は、mikkoドーナッツの店主であり、大日向小学校の関係者である塚原さん。

mikko
佐久穂町に新しい朝を告げるドーナツカフェ

二人目は、ご子息が本校の児童である豊田さん。

カレー屋ヒゲめがね公式サイト
ヒゲとめがねのスパイスマスターが、Iターンして始めたスパイスカレー専門店

ボクの場合は単身赴任なので、ここに登場する人たちのような凄みはありません(笑)

それでも多くの移住者の皆さんと接する機会があるので、あれこれと考えることも多い。

そもそも大日向小学校には寄宿舎などはありません。

なぜならば、子どもたちにとって家族は大切だからです。

ということで大日向小学校へ通う子どもたちの家族は8割以上が移住組。

それも全国各地から移住してくるのです。

既に開校2年目にして北は北海道、南は沖縄からという状況になっています。

その熱量には圧倒されると共に尊敬の念を抱いてしまいます。

パターンにもいろいろあるようですが主に3つでしょうか。

1.大日向小学校への入学が第一の理由で移住を決める

2.移住が先にあり、それに伴う学校選択で大日向小学校を発見

3.もともと佐久地域の出身で、子どもの小学校入学に合わせて地元へ戻る

移住する最後の決め手も、それぞれの家庭事情によって違います。

ほんと「移住の決め手」ってなんでしょうね?

この本のページをめくるとヒントがありそうですよ。

タイトルとURLをコピーしました