子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

子どもたちの世界は不思議がいっぱい?

子どもにとっては不思議がいっぱい

世の中、夏休みです。

東京オリンピックも終わって、お盆休みに突入しているはずなんですが帰省はダメとか(汗)

「人流を徹底的に押さえる」とか言っている政治家さんたちもいますが、その効果は如何に?

夏休みといえば子どもたちにとっては海や山、そして川など自然と触れるビックチャンス。

なのですが…

コロナ禍とあってなかなか難しいこともあるようです。

子どもたちの好奇心を育む場が少なくなってしまうのではないかと心配。

ところが…

そんな懸念は、大人の世界でのことだけなのかもしれません。

子どもたちは、ボクら大人が感じているほど心配していないのかも…

なんて思っちゃいます。

「われわれはうちゅうじんだ」

ってやったことがある人、いますよね?

「なんで?」とか考えずに、ただただ面白いからやる。

「不思議だよね?」なんて、きっと思っていない。

それでいいんじゃない?

ついついボクら大人は、何かと学びに繋げたがるのだけれど…

子どもたちにとっては、余計なお世話なのかもしれない。

そんなことを思う特別な山の日

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを支える大人が元気になる

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔じゃなくっちゃね!

第4期(8月)クルー募集中!

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

心おどる未来像を描いてみませんか。

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました