✨️Challenge Respect Smile✨️

小学校3年生が思う「生きる力」とは?

丹沢・大山の麓では河津桜が見頃を迎えています。

少しずつ春が足音を早めて近づいている気がします。

春に咲く花を見ると命の尊さを感じることができる。

そんな自然の姿を重ねるように「生きる力とは?」を考える時間がありました。

もうすぐ4年生になろうという子どもたちは、どんなことを考えているのでしょうか。

興味津々で書いた文章を読ませてもらいました。

「よくがんばる力」「みんなと協力する力」「なんでもやってみる力」

「チャレンジする力」「みんなを助ける力」「命を大切にする力」

「自分で根をのばす力」「自分がたくさんしたいことをする力」「自分で行動する力」

「元気の力」「自分のため、みんなのためにある力」「他の人とつながる力」など

子どもたち一人ひとりの「たくましさ」と「教室での毎日の体験」を実感する言葉が並びます。

こんなキーワードがポンポンと出てくるのは想定外。

そして…

こんな素敵な言葉も綴られています。

「生きる力」は大切な力、だれでも持っていると思います。

これにはハッとさせられました。

そもそも…

人は「生きる力」を持っている。

ましてや子どもたちは、もともと好奇心が旺盛で何でもやりたがる。

そんな子どもたちの「生きる力」を阻害しているのはボクら大人なのではないかと。

そして、こんなことも。

「生きる力」もそうですが「生きる心」も大切だと思います。

たしかにそうだよなあ。

「生きる心」があるから「生きる力」が湧いてくる。

マインドセットって本当に大切なんだよなあ。

そして、とどめはこちら。

自分の人生を自分の好きなように生きるってことが「生きる力」

ガツーンとやられました。

ホントその通り!

子どもたち、ちゃんと分かっている。

「生きる力を育む」

なんてことを大人たちは言いますが、子どもたちにとっては余計なお世話なのかも。

そんなことを思う火曜日でした。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました