スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

みんなが輝く教室になるといいね

みんなが輝く教室になるといいね

算数の時間です。

いつものようにiPadを持って子どもたちの間をグルグルと歩きます。

とあるチームで呼び止められてパシャリ。

もちろん、男女が交ざっています。

本当に仲がいいのはありがたいです。

そんな教室で算数の学習はグングンと進んでいきます。

単元は完全に無視してグイグイと進む、あちらこちらで教えて回る…

いろんな子がいるのが面白い。

「あれ?なんでこうなるんだろ?どこがちがう?」

「あーこれさ、俺も間違えたんだよね。ここ、こうなってんじゃん…」

「あー!そういうことねー」

「みんな、結構、やらかしてるっぽいよ。」

なんてことがサークルベンチ周辺で語られています。

やってみたら、こんなところは簡単だったけど、こんなところは難しかった。

どこでエラーを起こしやすいのか、どこをクリアすれば正解に結びつくのか。

ボクが説明するわけでもなく、子どもたち自身の学びから出てくるのが面白いのです。

子どもたち一人ひとりが、それぞれのペースで進んでいます。

とにかく楽しそうなのが嬉しいなって思うのが正直な感想です。

でも…

ボク自身の至らなさもあるので、細かな部分を修正して後半へ突入したい思います。

そのあたりは、また書きますね。

本日もお疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どの子も輝く教室のつくり方小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました