子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

こどもの日に思う「たのしめてるか?」

今日も朝から快晴でした。

こどもの日ということもあって、鯉のぼりがあちらこちらで揺られています。

「すくすくと 元気に育て 子どもたち」

なんてことを伝えたいと思いながら一日を過ごしておりました。

今日は気になっていることを書いておきますね。

子ども時代をたのしめてるか?

子どもたちが育つ環境はどうなっているでしょうか。

幼稚園や保育園、学校は楽しいですか?

塾や習い事、スポーツ活動は楽しいですか?

家の中は楽しいですか?

答えは十人十色だと思います。

今の子どもたちは忙しすぎる。

学校に通い更に習い事や塾に行く。

その合間を縫ってゲームをするとか、まあいろいろある。

「眠れてる?」

「食べてる?」

「遊んでる?」

そして…

「たのしめてるか?」

今しかできないことを楽しんでほしいって思います。

子育てをたのしめてるか?

子育て世代の皆さんは何かと大変だと思う。

情報に振り回されてしまうこともあるでしょう。

「子どもがすくすくと成長するために○○しましょう」

とか…

「○歳まで身につけさせたい○○」

とか…

まあ、それなりにエビデンスはあるのだろうけれど…

「あなた、その子育ては間違っていますよ」

というようなメッセージが伝わって親は苦しむのです。

「あー!親として失格だ」

なんて思う必要はありません。

自分らしく生きていればいいのです。

そんな背中を子どもたちは見て育ちます。

だから特別なことはしなくてOKです。

「こどもたちと一緒にたのしめてるか?」

って自問自答してみてください。

先生やコーチはたのしめてるか?

子どもたちの成長を支えるのは保護者の皆さんだけではありません。

子どもたちが出会う先生やスポーツ指導者、習い事の先生たちがいます。

そんな人たちに質問したい。

「たのしめてるか?」

先生やコーチにだって一人ひとりの物語があるのを忘れていませんか。

肝心の先生やコーチたちが難しい顔をしてたらダメなんです。

たしかに結果を求められるから何かと頑張ってしまう。

だからといってやりたくないことを無理してやっているしたら…

それは子どもたちだけでなく、あなた自身も苦しむことになります。

「こどもたちと一緒にたのしめてるか?」

って自問自答してみてください。

「自分らしく○○する」

大切にして欲しいなって思います。

まだまだ考えていることはあるのですが…

今日はこの辺で。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました