スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

走って、話して、また走る。

走って話して、また走る。

梅雨らしい一日となった月曜日です。

朝は降っていなかった雨も霧雨となり、昼過ぎには大粒の雨が降ってきました。

そして気温も上がらないので雨に濡れると一気に身体も冷えてしまいます。

そんな一日…

ボクは下学年の体育の時間にサポートに入ります。

1年生から3年生は身体的特徴として全力で走るのは大好きな時期。

鬼ごっごは、いつだって全力疾走ですもんね。

でも、まだペースの調整が苦手なので一気に息が上がっては休む。

そんな姿をワールドオリエンテーションのテーマ「虫」と関連付けるのもいい。

ボクら人間にも「走る」という機能がある。

そんな身体的機能にも着目してもらいたいなあって思います。

「どうすれば速く走れるのだろうか。」

なんて身体運動学的な部分も体感してほしいなって思う。

「ボクら人間にとって”走る”とは何か?」

そんな問いも生まれるといいなあって思っています。

ただ走っているだけじゃあ、つまらないのでリレーでも一工夫。

「走る順番を変えてみてねー」

なんて話し合いの時間を設定ます。

誕生日順に並んでみるのも楽しい。

「何月何日?ボクは○月○日だから前ね。」

なんてワイワイやりながらリレーへ突入するわけです。

話しあったら、また走る。

そんな繰り返しで関係性が少しずつ生まれてくる。

さて、今日は誰と誰が繋がったかなあ?

そんなことを考えるのも楽しいものです。

タイトルとURLをコピーしました