子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

テストを自分のタイミングでやったら?

まだ6月なのにギラギラと太陽が照りつけた丹沢・大山の麓。

プールの水も温まってしまうほどに暑い木曜日でした。

明日から7月、そろそろ1学期のまとめに入る時期になりました。

ちょっと悩ましいのが市販テストの扱いです。

「そもそもテストは何のためにあるのか?」

単元が終わったら確認のためにテストをするわけですが…

期日を決めてやるのが本当に正しいのだろうかって思うようになりました。

これまでは何の疑問も持たずに一斉にやっていましたが…

一人ひとり、自分で選んだタイミングでテストしていいのではないでしょうか。

子どもたち一人ひとりをみると学習を終えるタイミングはまちまちなんです。

早めに終えて忘れないうちにテストをしたい子もいる。

じっくりと取り組んでからチャレンジしたい子もいる。

それぞれの子どもたちの学びを大切にしたいと思えば思うほど悩ましいのです。

そもそも、小学校における成績は相対評価ではありません。

だれかと比べて何点だったからどうのこうのという話ではないはずです。

そう考えれば考えるほど一人ひとりにとって適切なタイミングでいいのでは?

「どれからやってもいいし、自分のタイミングでどうぞ」

って言ったら子どもたちも見通しを持ちやすいはずなんですけどね。

そんなわけで…

期間内であればいつ、どれからやってもいいルールを採用しています。

子どもたちには好評ですし、結果も出ていると思いますが更なる検証が必要です。

チャレンジは続く…

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました