子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

転がって繋がる御縁とまちづくり

転がって繋がる御縁とまちづくり

雲ひとつない青空は気持ちいいけれど暑すぎる土曜日です。

期待している雨も降らず畑の作物も作業している皆さんも心配になります。

さて、今日は兼ねてからお話のあったこちらの会へ。

地元秦野で話をさせていただくのは長野から戻っては初めてのこと。

学校の先生や保育、不登校支援など子どもたちを支える皆さん…

まちづくりに貢献している自営業の方や市議として活躍されてきた人生の大先輩…

子育て中の保護者の皆さんも含め20名ほどの方々と過ごす90分。

演題は「一人ひとりの物語と学校」とさせていだきました。

皆さんで対話する時間も入れたかったので、説明等は少々早足になってしまい反省。

なかなか難しいものです。

90分を終えて、それぞれの皆さんがそれぞれの課題を持ち帰り行動に繋げる。

そんな機会になったら幸いです。

ボクも皆さんのお話から学ばせていただき、次のステップが見えてきました。

みんなで転がりながら繋がって、スマイルあふれる秦野を創る。

知恵を結集すれば混沌とした社会もよくなると信じて。

御縁に感謝いたします。

タイトルとURLをコピーしました