✨️Challenge Respect Smile✨️

「教わる」よりも「見つける」楽しみ。

今日も快晴だった丹沢・大山の麓。

天気予報によると週末は雨らしいけれど、ちょっと自然界にはどうなのでしょうか。

あれこれ心配しつつ、子どもたちと外へ。

理科「冬の生き物」の学習で子どもたちは自由にあれこれと探している。

百葉箱で気温をチェックすることは忘れずに…

「ん?冬だけどきれいな花も咲いているんだねえ」

「これ、なんていう花?」

「サザンカって書いてあったよ」

「ん?ツバキとはちがうの?」

「見分け方、知ってるよ!」

「なになに?」

「花ごと落ちるのがツバキで花びらが落ちるのがサザンカ」

「へー!そうなんだあ。ということはやっぱりサザンカだね」

そんな話をしている子どもたちもいれば…

「ここにカナヘビ、隠れていると思うんだけどー」

「石の上にダンゴムシはいるんだけど」

「石の上にも三年じゃなくて、石の上にもダンゴムシ(笑)」

なんて話をしている子どもたちもいる。

「冬芽、見つかった?」

「あれは?」

「おー!そうだねえ!」

「これってなんだっけ?」

「クスノキだよ!」

「あー!そうか黒い実が落ちているやつね」

「あれ?これそうだよね」

と黒い実を手にする子どもたちも。

「あれ?前より小さくなっている」

「あー!落ちたから水分が抜けたんじゃね?」

「干し柿みたいなもんか」

とまあ子どもたちは楽しそうでした。

「こんなの見つけた!」

そんな発見が楽しいんですよね。

「教わる」楽しみもあるでしょうが「見つける」楽しみにはかないませんね。

明日は何が見つかるだろうか。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました