提供する物は一流なのに、サービスは三流

20140719-051536-18936198.jpg

今日はお寿司をいただくチャンスがありました。

最近は回転寿司の台頭で職人さんが握ってくれる店が減ってしまいました。

やっぱり寿司はこうでなくちゃね…

と思うのは私だけではないでしょう。

わかめ、茶碗蒸し、天ぷら、にぎり寿司、汁物と充実のセットで味は大満足。

でも、ちょっぴり残念なこともあります。

ホールスタッフのクオリティには課題ありです。

客数に対してスタッフが少ないのかもしれませんが、今ひとつ手際が悪いのです。

なかなか出てこない水、こちらが逆に気を遣ってしまうことも…

職人さんの握る寿司が美味しいだけに残念なのです。

こういうバランスって難しいですよね。

スポーツの現場で言えば、きれいな天然芝のグランドなのにきちんと管理されていない。

教育の現場で言えば、素晴らしい授業をするのに教室が汚いとか….

「提供する物は一流なのに、サービスは三流」

これじゃあ、せっかくの商品も台無しですね。

いろいろな場面でバランスを整えてみようと感じた一日でした。