サークルベンチを作ろう【2015春】

サークルベンチ

東京からケンジがやって来ました。

師匠である山ちゃんと一緒に、念願のサークルベンチづくりです。

材料は、伊勢原市にある北相木材さんから調達。

ここの社長さんは、高校のバレーボール部で一つ上の先輩です。

目利きの社員さんに、できるだけ良いものを選んでいただいています。

天板は秋田杉、脚は米マツ

山ちゃんによると、ツーバイ材よりも反ることが少なく長持ちとのこと。

2年以上使用している教室のベンチも状態は良好です。

天板は秋田杉

まずは、作業スペースを作ります。

さすがプロと思わせる山ちゃんの準備に感心しながら電動ドリルを準備。

12台分の木材、決められた場所に下穴をひたすら開けていきます。

天板を残して、「内村」でランチへ。

いろいろな話をしていたら、山ちゃんとPAの人たちには深いつながりがあったことを知ります。

出会いは必然だったんだね。

というわけで、午後は天板に下穴、組み立て作業。

山ちゃんが見本を一台、その後、ケンジと共に各1台、合計3台を完成させて終了。

楽しかったなあ。

ということで記念写真

完成したベンチに座って記念写真。

さすがに大きな私たちだと3人でもこんな感じです。

でも、大人4名、子ども6名が座れる軽くて丈夫なベンチです。

材料費は、木材とビスで一台2500円。

これだけで教室は一変しますから安いもんです。

サークルベンチ使ってみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育イエナプランベンチのある教室小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました