繋 – Tsunagu【マルスウィスキー】

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

マルスウィスキー繋

昨日のこと…

これがオススメです。

という伊勢丹の店員さんが自信をもってオススメするウィスキー

繋 – Tsunagu

という名前にも惹かれて買ってきました。

マルスウィスキー?

初めて聞いたので調べてみました。

国産ウイスキーの生みの親として知られる竹鶴政孝氏。
当時、上司として弱冠24歳の竹鶴氏を英国に送り出し、日本の本格ウイスキーの夜明けを託したのが、マルスウイスキーの生みの親、岩井喜一郎氏でした。
1985年、信州マルス蒸留所を竣工。ウイスキー需要低迷に伴い、1992年に蒸留を休止しましたが、ハイボールブーム、ウイスキー需要の回復をきっかけに、2011年、ウイスキー蒸留を再開しました。そんな<マルス蒸留所>よりご紹介するのは、三越伊勢丹限定で製造しているブレンデッドウイスキー「繋(つなぐ)」です。

Japanese Whisky

口に含むと、なんとも言えないまろやかな香り。

十分に熟成されていることがわかるウィスキーです。

こちらもオススメのFever-Treeのソーダで割って飲んでみます。

ノンビリといただける、そして一杯で満足できるハイボールのできあがり。

会津の酒もそうだけれど、しっかりした造りは大切だなあ。

職人さんのようなこだわりをもって、いろいろなことにチャレンジしたい。

そんなことを思うゴールデンウィークの夜でした。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)