✨️Challenge Respect Smile✨️

繋 – Tsunagu【マルスウィスキー】

マルスウィスキー繋

マルスウィスキー繋

昨日のこと…

これがオススメです。

という伊勢丹の店員さんが自信をもってオススメするウィスキー

繋 – Tsunagu

という名前にも惹かれて買ってきました。

マルスウィスキー?

初めて聞いたので調べてみました。

国産ウイスキーの生みの親として知られる竹鶴政孝氏。
当時、上司として弱冠24歳の竹鶴氏を英国に送り出し、日本の本格ウイスキーの夜明けを託したのが、マルスウイスキーの生みの親、岩井喜一郎氏でした。
1985年、信州マルス蒸留所を竣工。ウイスキー需要低迷に伴い、1992年に蒸留を休止しましたが、ハイボールブーム、ウイスキー需要の回復をきっかけに、2011年、ウイスキー蒸留を再開しました。そんな<マルス蒸留所>よりご紹介するのは、三越伊勢丹限定で製造しているブレンデッドウイスキー「繋(つなぐ)」です。

Japanese Whisky

口に含むと、なんとも言えないまろやかな香り。

十分に熟成されていることがわかるウィスキーです。

こちらもオススメのFever-Treeのソーダで割って飲んでみます。

ノンビリといただける、そして一杯で満足できるハイボールのできあがり。

会津の酒もそうだけれど、しっかりした造りは大切だなあ。

職人さんのようなこだわりをもって、いろいろなことにチャレンジしたい。

そんなことを思うゴールデンウィークの夜でした。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
暮らし
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました