ゴルフと身体感覚の話。

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

ゴルフと身体感覚

久しぶりにゴルフへ。

完全に初心者レベルへ逆戻りのラウンドは散々の結果。

それでも、身体感覚について面白い気づきもありました。

筋トレの成果もあって、以前よりグッとシャープになっているボク…

腰はよく回るし、肩も以前より深く回せます。

ダンベルを持っている影響もあって、グリップを握る力もアップしている。

いろんなバランスが変わっているのに、スイングの仕方は以前のイメージのままです。

技術と身体感覚が乖離している感じがするのです。

いわゆる四十肩にもなっていたボクは、ボールを思いっきり投げることはできませんでした。

ところが、今はビュンビュン投げられる。

ということは、今まで以上に身体が動く。

だからこそ、もっとビュンビュンとクラブを振っていいのだと思います。

ところが、以前のイメージのまま降ってしまっているのでズレが生じる。

振り切るって感覚があったスイングは一つもありませんでした。

シャープな身体に合わせてシャープに振るってのが大切でしょうね。

パットは好きなのでスリーパットはなし。

ロングパットも決まったのでショット安定がスコアアップの鍵。

年に数回しかゴルフもしないわけですが、もっと練習してみたら面白そうです。

とことん練習してみることも大切ですね。

どこかのタイミングでじっくりと振ってみましょうかね。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)