「対話の原点」とは何だろう?

対話で気づくこと

誰かと話をする。

それぞれが抱えている問題を課題として一緒に考えていきます。

どちらかが聞き役に徹して傾聴し続けるのが基本ルール。

「それってこういうことだろうか?」

と質問を投げかけながら尋ねることも大切です。

必要であれば質問をして、どんどん話してもらう。

どちらかが正解で、どちらかが間違っているなんてのはありません。

正解や間違いが指摘されて嫌な気分になるのは「ただの議論」でしかありません。

白黒つけるのではなく、優劣を決めるのもなく、勝敗を決するわけでもない。

話をして残すことは、一つだけです。

「課題に対して当事者が何を思って次の行動へつなげるか。」

目の前にいる人の課題を一緒に整理するサポートをするだけです。

何も自分の考え方や意見を押しつけるものではありません。

「ちょっと参考になればいいんだけど。」

という程度に他の考え方もあることを示して、また考えてもらえばいいのです。

人には、それぞれの感じ方があることを理解する必要もあります。

同じように見えているはずなのに、同じように見えないことがあります。

「なんでこの人は分からないんだろう?」

とあれこれと感情を揺らすよりは、目の前の人の素直な感じ方を認めたいものです。

何かの基準をもって相手を見るのではなく…

「ありままの相手を受け止めること。」

これが「対話の原点」なのではないかと思うのです。

Challenge! Respect! Smile!

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!