レンズを通して再考する秦野の魅力

レンズを通して再考する秦野の魅力

新宿から小田急線に乗って1時間ほど西へ進むと秦野市へ入ります。

駅でいえば「鶴巻温泉」「東海大学前」「秦野」「渋沢」

北に丹沢・大山を仰ぐ自然豊かな街です。

そんな街で暮らし始めたのは小学校2年生の春です。

ボクは、幼少期を世田谷で過ごしました。

当時の東京は、光化学スモッグもひどく空気は良くなかった。

3歳下の弟は、そんな空気に苦しんだらしい。

ちょうど宅地造成が進む時代に移住してきたボク…

引っ越してきた当時は、オタマジャクシのサイズに驚いたものです。

すぐそばに手つかずの自然が残されている地域。

クワガタやカブトムシも取り放題。

大根川も自然の姿を残していたころです。

あれから40年以上も経過して街の景観は変わりました。

「大根駅」は「東海大学前駅」と改称。

宅地造成によって多くの家が建ちました。

引っ越してきた当時の面影はありません。

今日の午後は、調子の良くないデジタル一眼レフカメラを持って理髪店へ。

おじいさんの時代からお世話になっているコサワ理容で散髪。

おじいさん、お父さん、そして一つ上の先輩と三代に渡りお世話になっています。

道すがらカメラのテストもかねてシャッターを切ります。

よく見てみれば、まだまだ自然が残されている。

丘の上には畑があって野菜も栽培されています。

みかんの季節でもあり、山側に歩を進めれば美味しそうなオレンジの実が…

意図してレンズ越しに見える街では、まだまだ自然がいっぱい。

50年後はどうなっているのだろう?

ふと、そんなことを考えました。

ずっと自然豊かな地域であってほしい。

そして、暮らしやすい街であってほしい。

利便性もよく、子育てにも良好な環境でもある自然豊かな街。

それが秦野です。

レンズを通してみれば、ホントにここで育って良かったなと思うのです。

Good Luck.

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!