「Nikon D80」修理する?中古買う?

NikonD80

2006から愛用してきたNikonD80の調子がおかしい。

Nikonスクエアで修理しようかと思って調べてみたけれど、既に対象品ではない。

これは困ったと思って考えた結果、中古ボディを買うことにしてみました。

[amazonjs asin=”B000HJWEKS” locale=”JP” title=”Nikon デジタル一眼レフカメラ D80 ボディ”]

修理は15,000円程ですが、中古だと11,500円から。

修理するより安い!

いくつかの中から、「非常に良い」とされた13,800円の中古品を購入。

ドキドキしながら開封します。

レンズカバーはついていませんでしたが、外観もきれいです。

液晶カバーは新しい感じ、ボタン類もかすれはありません。

フル充電されたバッテリーも付属、これは助かります!

合計3本になりましたから、撮影枚数が増えて良さそうです。

あちらこちらを触りますが、使用歴は短いボディのような気がします。

ミラーやローパスフィルターもチェック。

こちらも、まあ十分でしょう。

[amazonjs asin=”B00TEY2LFU” locale=”JP” title=”Nikon クリーニングキットプロ2 CKP2″]

使ってみて気になったらクリーニングしてみますから大丈夫。

というわけでレンズを取り付けて撮影してみます。

ちなみにレンズもオールドレンズで、所有している1本のみです。

[amazonjs asin=”B001FB6PK2″ locale=”JP” title=”TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 DiIIVC LD Aspherical IF ニコン用 AFモーター内蔵 MACRO B003NII”]

「あれ?シャッター音が軽いな?」

今まで使っていたD80のシャッター音は重くて遅い。

とにかくハードに使っていましたからね(汗)

今となっては、ホントに時代遅れの機種なんです。

それでも、ボクはD80に愛着があるのです。

まず、操作に慣れているし、何よりも手に持った感じがいいのです。

ちょっとした重量感もあるのもいい。

武骨なイメージが何よりも好きなんです。

ちなみに、どんなカメラかは、こちらの記事からどうぞ!

オールドデジカメの凱旋 ニコンD80(2006年)デジタル一眼レフ“進化の前夜”を感じる1台

はっきり言って時代遅れ。

だけど、これはこれでいいじゃない!

愛着のあるもの、好きなものに触れていることは大切です。

「Nikon D80」修理する?中古買う?→中古買う!が正解かな。

Good Luck.

Nikon
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました