梅の咲く季節とクラスの子どもたちの成長

寒空に咲き始めた梅

梅の花が咲く時期となりました。
写真は、先日訪れた小田原の曽我梅林でiPhoneにて撮影したもの。

毎年、梅の花が満開となる頃には
「残り1ヶ月かぁ…子どもたちとどうやって過ごそうかな?」
と悩みます。

そうなんです。残りもホントに少なくなってきました。
クラス替えはありましたが、学年は私だけ持ち上がったので2年続きとなっている子もいます。
4月に、一緒に5年生にあがれる確率は低いかもしれません。

となると…
一緒に過ごせる時期はわずかなのです。

思えば子どもたちはずいぶんと成長しました。
自分たちで一生懸命に考えて日々を過ごしています。
いろいろな葛藤もあることでしょう。
私に「解決してくれ」というメッセージもくれます。
でも、私は相変わらず「察しの良い大人」を演じています。

いかに自分のアタマで考えて行動できるか…
これは譲れないんです。

対話をしながら、子どもたち自身に答えを見つけてもらいます。
それが自立への第一歩だと思うからです。

自分自身で決めてやろうチャレンジする子どもたちを全力で応援します。
手を貸すことではなく、あくまでも応援。見守る感じです。
こんなことをしていたら、ずいぶんと子どもたちは大人になってきました。

でも、まだままだ道半ば、最後までしっかりと子どもたちと走り続けたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhone小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました