遊ぶって楽しい

うっすらと雪化粧

朝、校庭はうっすらと雪化粧。

登校してきた子どもたちは、とても楽しそうに泥付きの雪だるまをつくったりして楽しんでいました。
気温が低めなので、珍しくサラッとした感じの雪でよかったです。
お日様のおかげであっという間に溶けてしまいましたが…

子どもたちとフリーで遊ぶ時間をつくりました。
雪合戦をする子、鬼ごっこを始める子、サッカー、フラフープ、なわとびと様々な遊びがありました。

遊び終えて聴いてみました。

「外で遊ぶとどんな気分になるかなぁ」

「すっきりする」「気持ちいい」「自由」

というような答えが返ってきました。

そうそう、本来の遊びってこういうもの…
でも、こういう外遊びができる時間が放課後にあまりないのも事実。

子どもの時代は、もっとたくさん遊んで欲しいと思うのです。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました