スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

思考のサイクルを回し続ける子どもたち

思考のサイクルを回そう!

「先生!こんなことになっています!」

「おー!事実報告ありがとう!で?」

なんて会話が繰り広げられるベンチのある教室…

今日も掃除の時間に事件が発生。

事件と言うよりもトイレの使い方が悪かったのですね。

汚いので、どうやって処理しようか思案していた様子。

そんな彼らに、いつものように爽やかに対応(笑)

いつものように答えを提示することはありません。

「あー!いつもより汚いぞ!こりゃ困ったな(汗)」

子どもたちは事実に直面するのです。

当然、理想の姿はどうあるべきかは知っています。

そこで、どうするかを考えるのです。

「時間は?」「仲間は?」「空間は?」

時間は15分ほどです。

仲間は4名。

空間、この場合は掃除用具などの道具も含めて考えます。

「はい!やってみよう!」

ということで…

自分たちで考えて行動して教室へ帰ってた彼らをネタに話をしました。

「はい、いつもの確認をしておこう。」

「これさえあれば、ほとんどのことは乗り越えられるよ。」

ということでホワイトボード登場です。

いつもと少し違うのは左下から右上に時系列にしてみたこと。

通常は、左下に「START」、右上に「GOAL」とか書いてあります。

こういった思考ツールを渡して、自分たちの日常に当てはめて考えてもらう。

そんなことを繰り返しているベンチのある教室です。

さて、明日は何が待っているかな?

楽しみですね。

Good Luck

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どの子も輝く教室のつくり方小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました