【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

毎日がスタートアップなんだよなあ

毎日がスタートアップなんだよなあ

昨日は仲間と共に芝刈りをしたり水を撒いたりという午前中でした。

マシントラブルもあって暑さの中でヘロヘロになったけど楽しめました。

アブに背中を刺されるハプニングも(痛)

午後は、事務作業。

他校の校長先生や教育委員会とのやりとりなどなど…

今日(7日)からお盆休みで学校自体が完全クローズとなるので戸締まりも。

17:30過ぎ、学校がある5地区の区長さん宅を仲間と訪問し学校新聞を配る。

これ、超重要な仕事なんです。

そうそう…

「毎日、日直みたいになってますね」

なんて言われて「たしかに(笑)」と思った一日でした。

まあ、学校に住んでいるみたいなもんだし楽しいからいいのです。

さてさて…

夏休みってじっくりと自分のことを振り返る時間があります。

「自分の役割」についても深掘りできる。

足りていないことばかりで気分が落ちることもある。

「たのしめてるか?」

って湘南ベルマーレのキャッチフレーズじゃないけど大切にしたい。

子どもたち、保護者、教職員、理事、地域の皆さんなどなど…

大日向小学校に関わる全ての皆さん一人ひとりが楽しめてるのだろうか。

ここ大切にできているだろうか。

もちろん、それって簡単じゃない。

「目の前にいる一人ひとりから始める」

これまた簡単なことじゃなんだよね。

世の中にはいろんな人たちがいる。

そして、みんな不完全だしユニークな存在。

だから自分のつまらない基準で判断しちゃいけない。

立場もあるからなのか、いろんな人たちから感情をぶつけられることもある。

まあ、校長ってのはそういう役回りなんだって思うのだけど(笑)

どうしたって感情と感情がぶつかるなんてこともある。

でも、それはそれで相互が表現者なんだから仕方がないと思っています。

そんなときは相手の側に立って「なぜ?」って考えてみる。

自分の思いをぶつけるのは後回しでいい。

時々、先になってしまってへこむことがあるけど(ホントごめんなさい)

ぶつかった時は「課題が見つかって良かったじゃん!」と祝杯をあげよう。

そこから対話して解決に向かって歩み出せばいいよね。

そんなことは今までスポーツや教育の現場でも散々やってきたことなんだし。

忘れちゃいけない。

そう考えると毎日がスタートアップなんだよなあ。

とまあ金曜日の早朝(人によっては深夜)からあれこれと考えています。

ボクもしばらく夏休みをいただきます。

Enjoy Summer.

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました