花泉酒造 百周年記念醸造酒とお盆休み

花泉酒造 創業百周年記念醸造酒

お盆休みにはルーツである津南と会津のことを思いながら酒をいただく。

今年のセレクトしたのは「会津娘」と「花泉」

特にこちらの一本は、ちょっと高めなので気合いを入れて注文(笑)

http://souta.shop-pro.jp/?pid=152218188

ここのところ終戦75年に関する報道を目にします。

ボクらが小さな頃は、戦時中の話を聞くことも多かった。

墓参りに行けば戦士した人たちの話も聞くこともあったわけだし…

絶対に忘れてはいけないことなのに、年々、戦争の記憶は薄くなっている。

ちょっとこのあたりは気がかりなことです。

「過去に学び、一所懸命に今を生きて、未来をつくる」

それがボクら大人の役割だって思うこともある。

そんなことを毎年のように考える。

ボクも歳を重ねてフェーズが毎年のように変わっている。

でもまあ、正月とお盆休みくらいは立ち止まってあれこれ考えたい。

花泉酒造合名会社
ロ万・花泉 醸造元。地域と造り手の気持ちにこだわった酒造り。 花泉酒造では蔵をとりまく環境を大切にしながら、夢とロマンあふれる酒造りを目指しています。 日本の東北に位置する福島県。 そのなかで最も山深く自然豊かな地と言われる南会津町に花泉酒造はあります。

会津の酒は、どの蔵も「米」「水」「人」を大切にしている。

それに加えて「業」も明確にうたっているのが「花泉」

会津の中にあって南会津は豪雪地帯であって…

豊かさと厳しさが混ざり合う自然の中で酒造りが行われている。

そんなところで100年続けるってことは大変なことです。

ボクらの学校は、まだ開校2年目。

100年後なんてボクは生きていないけれど、どうなっているだろうか。

そんなことも考えつつ、ありがたくいただいたのでした。

美女と巡る“重要文化財”の宝庫、南会津観光の見どころ | 福島TRIP
美女と巡る福島の旅「TRIP GIRL」第4弾!今回の舞台は福島県の南西部に位置する南会津町(旧田島町)です。

会津には帰るチャンスがなかったので、南会津観光はWebで(笑)

でも、これ見ると行きたくなるよね。

早く感染症拡大も収まりますように!

タイトルとURLをコピーしました