【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

自然体で生きるって?

抜井川の上流にて

「川へ行きたい!」

という我が家のサッカーボーイズ3号と蹴球仲間たちを案内する土曜日の朝。

久しぶりに行った河原は様子が大きく変わっていました。

ここは、千曲川水系の支流である抜井川の上流です。

昨年の台風19号で川も増水し大量の水が流れて山も削られた。

足下の草木を避けながら河原に降りていたですが…

今では簡単に水辺へ行ける。

持って行った鎌などは不要でした。

自然の脅威を感じながらも清流の音は心地よい。

そんな中でも小さな魚たちは元気に泳いでいます。

そして、岩の影から大きな魚も飛び出して上流へ逃げていく。

一度は荒れた川でも魚たちは全力で生きているんですね。

いや、全力じゃないかも?

新たな環境に適応して、自然に生きているだけかも?

あれこれと考えます。

与えられた自然の中で生きることって大切。

そこにあるものを生かしながら生きることをが先で…

何かを欲しがったり、ないからできないとかじゃないんだよな。

自然体で生きるって言葉があるけど…

それは、きっと「そのままの自分」で、「そこにあるものを生かして生きる」ってこと。

そんなことを思った一日。

自然に感謝。

自然
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました