【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

「焼きそばパン」食べたの何年ぶりだろう?

「焼きそばパン」食べたの何年ぶりだろう?

ずっとパソコンと睨めっこという週末。

ずっと座り続けているのはつらいですね。

まあ、合間に少し動いてはみましたが…

そして、休憩時間に食事をどうどう摂るかも課題(汗)

神奈川の自宅付近には、週末にパン屋さんがやって来る。

なかなか美味しいので、ときどき買っています。

どういうわけか食パンと共に焼きそばパンが購入されている。

「あら?珍しい」

なんて思っていたら、日曜日のランチとなりました(笑)

「焼きそばパン」

焼きそばとパンがケンカすることなく、程よい味で美味でした。

そういえば子どもの頃とか高校生の頃には食べる機会があった。

惣菜パンではコロッケパンと共に定番。

土曜日は「焼きそばパン」と「コロッケパン」を食べて部活とか…

そんなことがよくありました。

でも、考えてみると炭水化物多め。

今は、自ら買うことも少ない。

「焼きそばパン」なんて誰が考えたのだろう?

発祥は諸説あるが、東京都荒川区南千住にあった『野澤屋』(2010年に閉店)が1950年代に焼きそばとコッペパンを同時に販売していたところ、客に「面倒だからはさんで」と言われて作り広まったとする説が有力とされる。

なんて情報もある。

昭和が生み出した「焼きそばパン」

次に食べるのは何年後だろうか…

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました