子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

ありのままの景色を受け入れる

ありのままの景色を受け入れる

昨日、今日と27kmも歩いています。

地元に戻ると歩きたくなるのは、豊かな自然と街が見事に融合しているからでしょうね。

昔ながらの道もあり、最近になってできた宅地もある。

近くには山もあって、温泉だってある。

そんなこともあって散歩コースには事欠かない。

自宅から同じ道を通らずにぐるりと街歩きができるのも嬉しい。

その中でもお気に入りの場所が十数カ所あります。

いつも足を止めてパシャリとするところです。

山の上から見る富士山もいいけれど、ボクらの里山のシンボルである弘法山が好き。

そんなわけで今日もiPhoneでパシャリ。

でもね…

「ちょっと桜の木とか竹林が邪魔なんだよなあ」

って思ったので撮るのをやめて数メートル撮影ポイントを通過しちゃった。

桜の季節には迷いなく歩を止めて撮影していたはず…

今は枯れ枝がじゃまに見えてしまったからスルーしたんだけど戻りました。

「たしかに邪魔に見えるけど、それも込みでの景色だよね」

ついつい、綺麗に見えるところばかりを見てしまう。

だから、撮影するときに電線とか電柱が邪魔だとか思っちゃう。

たしかに邪魔だなって思うモノもあるけれど、その存在すら受け止める。

「ありのままを受け入れる」

そんな気持ちって大切なんじゃないかなあ。

というわけで今日の一枚は弘法山でした。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
暮らし
\この記事をシェア/

子どもたちを支える大人が元気になる

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔じゃなくっちゃね!

第4期(8月)クルー募集中!

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

心おどる未来像を描いてみませんか。

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました