SMILE TEACHERS COLLEGE 2022 第2期開催中!

東信州の気まぐれドライブで感じる歴史

立科町から見る浅間山

小春日和の土曜日。

朝は地元の方と1時間ほど大日向小学校で話をする。

地域のこと、学校のこと、世代交代のこと…

こんなこともボクの大切な仕事なのだよ。

話を終えてヒゲめがね(佐久穂町のカレー屋さん)へ

ヒゲめがねの気まぐれカレー

11時30分開店なのだが11時15分に到着して開店を待つ。

「1番」は気持ちがいいね。

開店間際には10人ほどが待っていて、その後も入店待ちの人が行列をなしている。

なんだか嬉しくなるよね。

11時30分に入店して早速オーダー。

迷わず「10種類のルウを混ぜ合わせたカレー」と「パキスタン」の2種盛りを頼む。

カレールウ10種とパキスタンの2種盛り

こういう遊び感覚も嬉しいよね。

「10種類のルウを混ぜ合わせたカレー」は何だか不思議なコクがある。

ずっと食べていられそうな感じさえした。

「パキスタン」は大好きでね。

辛いからジワッと汗が出るのがたまらない。

サッと食べて入店待ちの人に後を譲る。

いつもお世話になっているあの人も列にいて御挨拶。

カレー屋ヒゲめがね公式サイト
ヒゲとめがねのスパイスマスターが、Iターンして始めたスパイスカレー専門店

mikkoドーナッツは限定チョコで

カレーの後はデザートがてらmiikoドーナッツへ。

この季節限定のチョコがある。

珈琲と合わせて迷わず注文する。

ここには本棚があって、ボクの本も置かれているのだけれど…

のらくら農場さんの本が目にとまる。

野菜も人も畑で育つ――信州北八ヶ岳・のらくら農場の「共創する」チーム経営 (DOBOOKS)
●のらくら農場の特徴 ・農繁期には16名ほどで運営 ・平均年齢33歳。ほとんどが非農家出身 ・50~60の多品目を中量生産 複雑で伝えづらい作業の手順やコツ( 「暗黙知」 )を、理解しやすい「形式知」に変換。 農場メンバーだけでなく、仲間の農家や小売サイドとも連携して「集合知」に高めることで 質の高い野菜を、それなりの...

その場で購入する。

読むのが楽しみだ。

「『子どもも大人も大日向小学校で育つ』なんて本をみんなで書きたいよね」

そんなことを店主と話して店を出た。

多くの人に支えられているってことを何だか実感する時間となった。

mikko
佐久穂町に新しい朝を告げるドーナツカフェ

昔ながらの道を走ると歴史が見える

mikkoを出て車を西へ走らせる。

望月、茂田井と中山道をかすめながら西へ。

そのまま松本あたりまで行こうかと思ったけれどやめた。

長和町を通り丸子を抜けて東御を経由して再び望月を通って佐久へと戻る。

バイパスを通ってしまえば早いけど集落のある狭い道を通るのが好きだ。

昔ながら暮らしぶりが垣間見える。

用水路が住宅の目の前を流れ、蚕棚のある屋根、古くからある神社仏閣。

長らく紡いできた伝統を感じながらアクセル踏む。

そこは見たことのない景色ばかりなんだよね。

生きているうちに知らない世界にどれだけ出会えるだろうか。

そんなことを考えながら走り回った。

最後は、黒澤酒造の酒を買いに八千穂の四ツ目屋さんまで行く。

東信州の気まぐれドライブを堪能する土曜日。

今日の出会いにも感謝。

タイトルとURLをコピーしました