凍ったままがいいかな?それとも…

温めて融かして流す

雨が降る月曜日。

この時期は雪になるはずなんだけど雨だった。

まあ、こんな日もあるよね。

明朝の凍結は心配だけれども…

気温が高くなると嬉しいよね。

凍った水路の水は融けて流れるし、花も咲き始めるんだよ。

そこには「喜び」がある。

機嫌が悪い子どもがいてケンカになる。

そんな時には何を言っても入らない。

心が凍り付いている時ってのは何をしてもダメなんだよね。

だから心が温まるまでじっと待つんだ。

「いいよ。話せるまで待ってるから」

そんなことだけ伝えて心を寄せる。

しばらく待っていると、あるいは待ち続けているとポツリと話し始める。

氷が融けてポタポタと滴が垂れてくるように…

「あのさ…」

「あー!そうだったんだね」

「でさ…」

「はー!なるほどなあ」

「本当はね…」

「そりゃそうだよね」

なんて話しているうちに心も温まって笑顔が増える。

一気には融けないんだよな。

だから子どもたちと接する時には焦っちゃダメなんだよ。

ボクら大人は、すぐに結果を出そうとヒートアップしちゃう。

至近距離からドライヤー当てたら火傷するじゃんね。

だから、じんわりと温めるって感じが大切なんじゃないか。

そんなことを思う月曜日。

タイトルとURLをコピーしました