蕗の薹が出る季節になった

蕗の薹が出る季節になったね

子どもたちを出迎えた後、校地をグルグルと歩くことがある。

棒を拾ったり、石を拾ったりなんて安全確保に努めるなんてことも仕事の一つだ。

春になると、いろんなものが土から顔を出してくる。

ヨモギの葉が小さく出てきたり、カンゾウが出てきたり…

「ノビルあげよっか?」

なんて子どもたちも登場する。

「蕗の薹が出てきたよ」

そんな情報を得たのだけれど、昨日までは発見できなかった。

信州の中山間地では、標高の低いとこから徐々に発見情報が入る。

「標高700メートルほどの地点で発見!」

そんなふうに先日も話題になっていた。

「じゃあそろそろかなあ」

なんて待ち望んでいたら、ようやくお目にかかれたのが嬉しい。

ちなみに標高895m地点。

桜前線は北上していくけれど、この辺りでは標高の低い所から高い所へ登る。

そんなわけで、何日も楽しめちゃうんだよね。

蕗の薹が出たので次は何だろうね?

ヨモギの葉はどんどん面積を広げ、やがてタンポポが咲く。

そして、つくしも生えてくるだろうし、日に日に緑が増えていく。

春だねえ。

そんな季節の変化を子どもたちと楽しめるのも嬉しいよね。

明日は何を発見できるかな。

大日向小学校
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事をシェアして繋がろう!
KUWAMANをフォローして繋がろう!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました