華やかな花が咲く影で

華やかな花が咲く影で

「今日も天気は不安定」と予報があったけれど青空はずっと見えていた日曜日。

朝は森の中へ、昼は住宅街を抜けて街へと歩く。

グルグルと歩いていたら12.4kmほどになっていた。

この時期、多くの家の庭先や路地にある花壇には花たちが華やかに咲く。

「誰が植えてくれたんだろうか?」

道路や線路の脇でも花たちは賑やかに咲いている。

誰かが種を蒔き、時として水やりをしてくれている。

場所によっては土を入れて花壇を整備してくれている。

時々、整備してくれている団体名が書いてある場所があるけれど…

ボクは誰が植えているのか分からない場所が好きだ。

誰が、どんな時間に面倒みてくれているのだろうか?

いろんな想像をするのも楽しいもんだ。

手入れを始めたら、なかなか止めるわけにはいかない。

継続するって大変だけれど、今年も同じ花が咲いているとホッとさせられる。

「今年も綺麗に咲かせてくれてありがとうございます!」

そんな気持ちになる。

ところが、この辺りでも空き家は目立つようになってきた。

少し荒れている庭先を見ると悲しくなる。

これから増えていくと想定されるだけに何とかせねばだろう。

面倒を見る人たちがいなくなり華やかさがなくなりませんように。

そんなことを思う日曜日。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました