スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

こんな時だからこそ笑おう!

こんな時だからこそオンラインで

全国各地で大雨が降る日曜日。

こちらでも朝から激しく降って河川の増水も心配です。

こんな日は家にいるしかありません。

各地の被害状況を気にしつつ安全第一で。

そんなこともあって早朝から夜までオンライン上でいろんな人と交流。

共通するのは「未来を明るいものにしようぜ!」ってマインドかなあ。

コロナ禍もあって厳しい現実が目の前にある。

学校はますます窮屈になっているし、人手不足も深刻なんです。

もうね…

全国各地、どこもかしこも先生がいないという異常事態。

先生がいない!産休補充もできず校長が担任…多忙な教職不人気、採用増で倍率低迷 : ニュース : 教育 : 教育・受験・就活
小学校教員の採用倍率が低迷し、教育関係者が危機感を募らせている。児童急増期に教職に就いたベテランの大量退職で採用数が増えたのに、多忙な職場が敬遠されて受験者は減る一方だ。35人学級への移行が始まる中、教員の数と質の両方

しかも職員室には重たい空気が流れているとか…

若手がすぐに辞めてしまうとか…

なんて聞いたらガッカリしてしまう。

さまざまな要因があるだろうけれど何とかしたい問題です。

「私の学校は平和でいい」

なんて対岸の火事くらいに思っている場合ではない状況でもある。

教員養成を含め学校教育に対する財政措置も期待薄。

一方、スポーツ界も深刻で観客収入が見込めないしスポンサーも離れている。

そんなこともあってクラブ存続の危機に直面している。

20年度のJリーグクラブも34クラブ赤字、債務超過は10クラブという状況。

「資金繰りが困難に陥っているクラブは存在しない」Jリーグが20年度クラブ経営情報公表、34クラブ赤字、債務超過は10クラブ | ゲキサカ
 Jリーグは28日、20年度クラブ経営情報開示の先行発表を行った。3月決算の3クラブ(柏レイソル、湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田)を除く53クラブの決算が開示がされた。 コロナ禍の影響が大きく出ている。特に超厳...

街クラブだって活動ができずに苦しい状況が続いています。

更に家の事情もあって退会せざるを得ない子どもたちもいる。

どこも苦しいよね。

聞けば聞くほど気持ちもドーンと落ち込みますが、そのままではダメ。

そして、内輪だけで話していてもアイデがネタ切れになる。

だから、第三者である別の業界の人たちと話すなんてことも大切。

何かしらのヒントは見つかる。

今は、リアルでどこかに集まって話すなんてことは難しい。

居酒屋で知らないおっちゃんや大将と話すなんてこともできない。

いわゆるサードプレイスのような空間を自由に往来しにくい。

でもね…

笑顔でいきましょうよ。

「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」

って19 世紀のアメリカの 心理学者のウィリアム・ジェームズはいう。

そう、どんな時でも笑っていよう!

そこから明るい未来が拓けると信じてね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
日々の暮らし
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました