スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

一人ひとりの物語を大切に「祈る」

権現山から箱根・富士を望む

ちょっと雲は多めながら良い天気だった日曜日。

今日もただただ歩く。

昨日、今日で30km、1週間で60kmを超える距離をひたすら歩いた。

ボクは長らく子どもたちを中心に人と関わる仕事をしている。

だから…

いろんな人たちの生き様を目の当たりにする。

嬉しいこともあれば、どうしようもなく悲しいことに直面することもある。

「出会った人たちがハッピーになったらいいよね」

そんなことを思ってずっと生きているんだけどね。

目の前に苦しんでいる人がいたら手を差し伸べるのは当たり前。

そして、全ての人をハッピーにするのは無理だってことも理解している。

どうしたって馬が合わない人もいるのは仕方ないです。

神様だって流派があるんだからね。

「くわまん、元気にしていますか?」

とか…

「くわさーん!今どんな感じ?身体だけは気をつけてねー!」

ってメッセージを今も頻繁にいただく。

「元気ですよー!」って答える。(たぶん元気)

「どうしてますかー?」

って心配の声もいただく。

「今は充電中だけど、地元に貢献しながら毎日を送っています」

なんて答えている。

そう、自分というOSを大幅アップデート中なんです。

今までもマイナーアップデートを繰り返しながら生きてきた。

でも、今回のアップデートは相当な変化がありそうです。

ぜーんぶひっくり返して自分を見つめ直す。

いろんな方向に根っこは伸びて、それぞれが太くもなってきた。

芽が出て、茎が伸びて葉っぱが広がる。

その葉っぱ一枚一枚が人と出会いなのだって思っている。

そして、その先にみんなで花を咲かせる実をつけていく。

それが、これまでも関わってきたような事業でもある。

どうやらボクはいつだって何かを創る人らしい。

既存のものを観察しながら、より良くする方法を考える。

時には新たな仕組みを取り入れることあって、結果として創ることになる。

そこにはいつも新たな仲間がいるのもありがたい。

だからね、最後の最後に…

「一緒に楽しめて良かった!」

そう言ってもらえたら嬉しいです。

超余談ですが(ごめんなさい)

新潟県津南町に住む88歳の叔母が亡くなりました。

ボクの父方のルーツは豪雪地帯で有名な津南。

明治期には町の中心地でもあった中深見で息を引き取りました。

とにかく元気な人だった。

津南へ帰省して、また神奈川へ戻るなんて日には軽トラでやって来る。

「帰りの汽車で食べてね」

ボクと弟の分を紙袋に小分けしてくれる。

自然に感謝して生きる人だった。

長い冬、雪に閉ざされる地域で春を待ちわびて毎日を生きる。

山の幸も季節ごとに段ボールがパンパンになるほど送ってくれた。

芯の強い人でもある。

重労働であるタバコ栽培にも長らく従事、日本のタバコ産業を支えた一人です。

いつだって絶妙な距離感で応援してくれた。

そんな姿から多くのことを学ばせてもらいました。

「祈る」

そんな行為に近い。

ボクは大したことはできません。

でも、一人ひとりの物語を大切にすること。

出会った人たちの幸せを願って「祈る」ことはできる。

それくらいは何とかしたいしね。

あれこれ思いを馳せる日曜日。

いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
津南
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました