散歩をするように教室を歩いてみよう

初夏を感じさせる心地よい風が吹く木曜日でした。

朝の散歩では今季初のホタルブクロを発見。

太陽に照らされてきれいでした。

なんとなーく歩いていると偶然にも素敵な光景に出会います。

でも…

毎日のように同じルートを歩いているのに気づいていないことも多いものです。

「あれってあんなところにあったんだなあ」

見ているようで見ていない。

そんな驚きと発見があるのが朝の散歩です。

教室の中でも黒板の前にいることは稀。

通りすがりの先生たちは不思議そうに廊下を歩いていきます。

(なんでそんな感じなのかは他の記事を読んでくださいませ)

じゃあ何をしているかというと…

「散歩」

最近、特にそう思うようになりました。

ゆるりと歩くのがポイントです。

「よーし!何をしているのか見てやるぞー!」

なんて力が入っているとだめ。

ここのところ毎日のように書いていること(しつこいですけど)

まだまだ修行中ですが明らかに解像度が上がっているという実感があります。

ではもう一度。

「ゆるりと歩くのがポイントです」

明日も散歩をするように教室を歩いてみよう。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました