Challenge Respect Smile

経験と習慣って怖いね【第5回湘南PACEにて】

あれま?凝り固まってる。

茅ヶ崎で開催された第5回湘南PACEに参加させていだきました。

いろんなアクティビティがある中で、概念崩しがあったので紹介します。

ぱぱぞう先輩は、封筒に「紙切無私」と書いておりました。

「紙を二つに折ってください」

と言われつつ数回折って、最後は角を切る。

するとこんな形になりました。

「あ!ほとんどの人がこれなんだけど…」

ちょっと捻ったつもりだったんだけど、残念ながら一般的な出力でした。

これは、紙を折るときの習慣から来るもの。

ぱぱぞう先輩曰く

「学校からプリントをきれいに持って帰る技」

たしかにそうですね。

でも、中にはキチンと捻って折っていた人たちがいるのです。

経験からくる習慣によって、実はもっと自由な発想があるのに気づかない。

そんなことを目の当たりにしました。

大学時代、某体操の先生が出した課題。

「生卵を食卓の上で立ててこい!」

「は?殻つぶさいないとムリだろ。中身出るけど…」

とか

「ゆで卵の底をつぶすならわけるけど…」

とか言いつつ、やってみたら立ったのだ。

「へー!こんなことできるんだ」

と思った時と同じ感覚でした。

人は経験によって、「これはこうなるんだよね」みたいに思い込んでしまいがち…

でも、時と場合によって意外なことが怒ったりするものです。

「もっと柔軟でありたい!」

そう思うのでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツコーチング、スポーツマネジメント、イエナプランをヒントにした公立小学校在職中の実践を中心に書いています。小学校の先生、スポーツ指導者、マネジメントに興味のある方の参考に。

Amazon  明治図書ONLINE

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました