「壁」は、進化するためにある。

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

20140423-062539.jpg

日経ビジネスアソシエ最新号の記事。

中村俊輔選手については、改めて語る必要はないでしょう。

マリノスで活躍中の日本を代表する選手です。

ジュニアユースからユースへ上がれない経験を持つ彼は、この失敗から”空気を察知する力”の重要性を学んだそうです。

窮地に陥った時こそ、自信を客観視し、何がたりないのかに思考を巡らせなければならないことも意識するようになる。

数多くの指揮官の下でプレーしてきた中村は、「常に何を求められているか?」をいち早く感じ取ることを心がけてきた。

それは、「どんなに巧みなスキルを持っていても求められる仕事ができなければ生き残れない」ことを熟知しているから。

「数多くの情報をてにすることが、要求に応えるための近道」だと考え、他の選手への指示もすべて、自分に向けられたものという意識で聞く徹底ぶりだ。

その時に属する組織で、自分の持つどんな力を発揮すればハッピーになれるかを考えて行動することは大切です。

人にはそれぞれ特徴があり、持っているストロングポイントも違います。

だからこそ、自分の立場をわきまえて行動する必要はあるのです。

スポーツの世界で起こる出来事は、私たちにさまざまなことを教えてくれます。

周りを輝かせることで自分も輝き続ける。

そんな人でありたいと思います。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)