多様なニーズに応える教室づくりをめざそう

学ぶってなんだろう?

45分の授業には、必ずゴールがあります。

教わるのではありません。

子どもたちが主体的に学ぶのです。

大切にしたいこと

「何を学ぶのか?」

「なぜそれを学ぶのか?」

「学ぶとどんないいことがあるのか?」

こんなことをイメージしてから授業をスタートさせます。

今日のゴールはこれ!

時間配分はこんな感じで…

さあ、やってみよう!

後はほとんどしゃべらない。

子どもたちの近くで観察しながらサポートをしていく。

一生懸命にしゃべると子どもたちの姿が見えないんです。

どうも黒板の前で話すのが苦手なので、子どものそばで小さな声で話します。

本当は、子どもたちの学習状況に合わせて個別に進度も違っていいのでは?と思います。

でも、画一的な学びになっている現状。

もっとガンガン学びたい。

という子どもたちのニーズに応えることも必要ですね。

今日は学校研究日、他の先生たちの授業を見ながらいろいろなヒントをいただきました。

さてと明日からどうしよう?

日々是前進ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
イエナプラン小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました