素顔のままでいいんじゃない?

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

サークルベンチ

3学期がスタート!

50日ほどでクラスも解散の時を迎えます。

全国各地の教室で、いろいろな悩みを抱えながら奮闘している先生たち…

それぞれの教室で、それぞれのドラマがあることでしょう。

どうしたらクラスが上手くまとまるのでしょう?

どうしたら子どもたちと信頼関係が築けるのでしょう?

どうしたら楽しい授業になるのでしょう?

どんな年代の先生たちにも共通する悩みです。

特に若手の先生たちから相談されることが多いのは…

どうしたら子どもたちと信頼関係が築けるのでしょう?

これが何よりも難しいことなのかもしれません。

ボクだって悩みがないわけではありませんが、心がけていることがあります。

ありままをさらけ出してしまうこと

ちょっと格好つけて、変に先生らしく振る舞ってもダメなんです。

どんなに偉そうにしてみても、人となりは見えてしまいますから…

教師はこうでなければなりません。

たしかにモデルとなることは必要かもしれません。

でも…

それに縛られてばかりいると、本来の姿ではない自分で子どもたちと接してしまう。

そんな姿を子どもたちはちゃんと見抜いてしまいます。

だから、言葉が心に響かない。

肩肘張らず、本来の自分の姿で子どもたちに接してみましょう。

大丈夫です。

人となりを見せてしまった方が楽ですよ!

もちろん、努力も怠ってはいけません。

常に進化する教師である必要があります。

いろいろな本を読んだり、多くの先生方や他業種の方から学び続ける。

そうやって経験を積んでいくことで、また、新しい自分で勝負できます。

まずは、本来の自分の姿をさらけ出すことから始めてみましょう。

素顔のままでどうぞ!