教室にも物語が必要です【物を売るバカ】

IMG_3992.JPG

平日の夜、仕事以外の会議などがなければ早めに帰宅して書店に寄ります。

これも大切なことだと自分では思うのです。

今日は、こんな本を見つけました。

「物を売るバカ」

って笑えるタイトルです。

中身は、ジャパネットの番組を観るのが好きな私にも納得するお話が満載。

大切なのは「物語」

よく言われる内容ではありますが、教室に置き換えて呼んでみるとおもしろいです。

授業をするバカ

ってことになるかもしれません。

もちろん、授業は一番大切ですがあり方を見直す必要はありますよね。

いろんなアングルから仕事も見直したいと思います。

[amazonjs asin=”B00K2MEF98″ locale=”JP” title=”物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方 (角川oneテーマ21)”]

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました