あなたのクラスの目的地はどこ?

行き先はどこ?

学校現場で一番の大きな悩み…

みんなが苦しんでいるのは「学級経営」

私はここで使われる「経営」という言葉が嫌いですが、それはさておき…

何をやるにも目的地は必要です。

そして、その目的地についてきちんと認識することが大切。

しっかりと共有しないとバラバラに動き始めてしまうので大変なことになります。

「何をするのか?」「なぜやるのか?」「そこへ行くと何が待っているのか?」

丁寧に説明をしたり、イメージさせることで動きは変わるものです。

最終日をどう迎えるか?

しっかりとイメージできていることも大切です。

子どもたちについている力は?どんな表情?

そんなことも、明確にイメージできていると軸が生まれます。

ちょっと分野は違いますが、この本もお薦めです。

ミッションを明確にして、ぶれない「学級経営」を!

どこに行きたいのか?

もう一度、考えてみてください。

[amazonjs asin=”4776207451″ locale=”JP” title=”ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由”]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

KUWAMANをフォローする
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました