スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

楕円のボールを追いかけろ【2019ラグビーW杯】

2019rugby

2019ラグビーワールドカップ日本大会の会場が決定。

実は2020東京五輪の前年に開かれるビッグな国際大会なんです。

1980年代、大学ラグビーは全盛時代。

国立競技場は超満員の早明戦や早慶戦が繰り広げられていました。

でもトップリーグの人気は今ひとつ、日本代表もワールドカップに出ても惨敗ばかり…

あまり人気のなかったラグビーですが、ここのところ日本代表も世界を相手に奮闘中。

にわかに盛り上がりつつあるようで私も2019大会に向けて期待しています。

数年前から小学校ではタグラグビーが導入されており、子どもたちは楽しそうにプレーしています。

Screenshot of www.tagrugby-japan.jp

メディアにラグビーが紹介される機会が増えれば増えるほど、少しずつ人気はあがるはず…

地道な努力が必要かとは思いますが、観てもやっても楽しいスポーツであることは間違いありません。

何よりも楕円のボールを追いかけるという楽しさは、丸いボールの他競技にはないのです。

鬼ごっこ感覚でも楽しめる。

これからの動向が気になります。

ちょっと検索していたら、国土交通省がこんな資料を作成していました。

ご参考まで。

http://www.mlit.go.jp/common/000227337.pdf

ワールドカップ情報、子ども向けにはこちら。

Screenshot of www.tagrugby-japan.jp
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポーツ小学校体育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました