Challenge Respect Smile

教室で動画を簡単に視聴できる時代

サッカーの動画を楽しむ

関東は、雪と強風で朝から大騒ぎでした。

丹沢・大山の南側にある勤務校では雨でしたが…

残念ながらグランドも使えないので、サッカークラブは教室で。

今年度は、天候にも恵まれてチャンスもなかったのですが動画を楽しんでもらいましした。

スーパーゴール集や足技、トリックプレーなど数々の動画はYouTubeから視聴。

子どもたちは、驚きの声を上げながら画面に釘付けになっています。

今は、こうやって簡単に動画を再生できる時代…

たくさんの動画ソースがあって、何度も再生できる。

これはこれで本当に凄いことで、生かさない手はありません。

僕らが子どもだった頃…

こういったプレーを見ようと思ってもテレビで頻繁に観ることはできませんでした。

サッカーを愛する皆さん、ご機嫌いかがですか。

の名フレーズで始まる三菱ダイヤモンドサッカー。

週に1回放映される番組は、夕方の45分番組で前半と後半を2週に渡って試合を観るのです。

まだ、ビデオデッキも普及してない時代です。

次の日、脳裏に焼き付いたプレーを真似しようと試みる。

記憶を頼りにするので、それはそれで大変でしたが楽しいものでした。

今の子どもたちは、何度も観ることができるので羨ましい。

その一方で、凄さを実感するのは難しいのかもしれないと思ったりもします。

何度も何度も観ることができるのはいいのですが、1回しか観ることができない方が記憶に残るかも…

まあ、それはそれとして、上手に動画も活用して学びに生かせればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツコーチング、スポーツマネジメント、イエナプランをヒントにした公立小学校在職中の実践を中心に書いています。小学校の先生、スポーツ指導者、マネジメントに興味のある方の参考に。

Amazon  明治図書ONLINE

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました