✨️Challenge Respect Smile✨️

みんなでアクティブ・ラーニング

アクティブラーニング

アクティブラーニング

「先生の学校」の余韻が残る月曜日…

朝から教育事務所の指導主事を迎えてアクティブ・ラーニングの校内研修。

初めて知った人たちもいれば、ある程度、情報を持っている人たちもいる。

自分たちがやって来たことが、そのまま使えると認識したり…

心配なことを共有したり…

「なぜ、アクティブ・ラーニングなのか?」

「どうやって進めるのか?」

ボクらの思考モデルも、教室環境も一度すべて壊してみたい。

ずっと言われていたことが、初めて繋がりました。

という若手教員の一言に、思わずニヤリ(笑)

すでに対話する文化を持っている学年があることは、大きなアドバンテージです。

いつだって試行錯誤しながら、その日の最適解を見いだす。

いろんなこと考えるけれど、まずはその時にできる最高のものをぶつけてみる。

やってみたいことをオープンにして相互に学びたい。

みんなの持っている暗黙知を集合知に変えて、組織の持つ力を最大限に発揮したい。

そうすれば、とても楽しくて面白いアクティブな学校に変化する。

そんなことを信じて学び続ける集団でありたい。

ということで職員室のKUWAMAN文庫に以下の書籍を追加しました。

[amazonjs asin=”B01HREVPL4″ locale=”JP” title=”小一教育技術 8月号増刊 史上最強のアクティブ・ラーニング読本 2016年 08月号 雑誌”]

[amazonjs asin=”482223651X” locale=”JP” title=”なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか”]

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました