バレーボール「スーパーリーグ」創設へ

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

バレーボールのプロ化は?

バレーボール界からビックリするニュースが飛び込んできました。

バレー18年秋プロ化へ「スーパーリーグ」構想(日刊スポーツ)

バレーボールのプレミアリーグなどを主催する日本バレーボールリーグ機構が新たなリーグを創設してプロ化を目指す

主旨には賛同しますが、今更な感じも否めません。

Vリーグは企業チームが多いので応援も会社ぐるみだったりするわけです。

巡業のように地方の体育館で開催したりもしています。

魅力を発信できるのか疑問です。

参加のためには今年の11月末までの意思表明が必要で、男女とも6チーム以上あった場合に発足

ここが一番の問題なのではないでしょうか。

Vリーグに所属するどれくらいのチームが手を挙げるのか注目です。

11月末までにということとは、ある程度は手応えがあるのかもしれませんが…

名称は「スーパーリーグ」を予定。現行のプレミアリーグは大部分が企業による実業団チームで構成される。一部の選手はプロだが、大半が社員。スーパーリーグ参加のためにはチームの運営母体がバレーボール事業のために独立した法人となることが条件。

運営母体も独立した法人となるということは、企業とは切り離される。

契約方法も変わるので選手にも戸惑いがあると思います。

スーパーリーグによって何が起こるのか。

バレーボールの魅力を発信できるのか。

改革しないとサッカーやバスケットボールに追い付けないという危機感がある。

危機感だけではダメなんじゃないか?

Vリーグ、大学リーグ、高校バレーまで含めて一体改革が必要なんじゃないでしょうか。