裁断機とScanSnapが活躍した日

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

さらば紙の本たち

何かとやることがあった週末…

まあ、師走ですから仕方ないですね(笑)

ただバタバタと仕事ようなものをしていてもイライラするだけです。

ついでに何か楽しいことかできないかな?

ということで久しぶりに本棚の書籍を断捨離することにしました。

裁断機Durodex 200DXで切ってしまえ!

Durodex 200DX

ということで裁断スタート。

迷わずガシガシと切断していきます。

このDurodex 200DX、使うの久しぶりなのに切れ味はGood!

軽くスパッと切れちゃいます。

こういうときにはホントにありがたい存在です。

なんでこんなの持っているのかって?

本が溜まってしょうがないので2015年の正月に買ったんです(笑)

どんどんScanSnapで読み込め!

ScanSnap S1500

裁断したらページをScanSnapにセットしてボタンを押すだけです。

気持ちいいくらいの速さで紙を吸い込んでくれます。

ほとんどエラーは起こりません。

テキスト付きPDFで、後で文字も拾えるように設定して読み込んでいきます。

置いたら青いボタンを押すだけなので超簡単です。

注意することもあります。

ページの角を折っていたり、付箋を貼りまくっていたり…

ハガキが挟まってるとダメ

こんなふうにハガキやしおりが挟まっていると止まります。

ここだけは気をつけた方がいいですね。

読み込んだ後は、本のタイトルにファイル名を変更して終了。

書籍がなくなった本棚

こんな空間が2カ所できました。

数えてみたら全部で48冊がPDFになりました。

読んだ本は、どんどん溜めるのではなく捨てる。

ゴチャゴチャしているよりもスッキリした方が気持ちいいですからね。

これで仕事もスピードアップできそうです。

以上、裁断機とScanSnapが活躍した日でした。

P.S. 断捨離でスピード上げよう。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)