行動に繋がる「なぜ?」と「○○?」

優れたリーダーはどうやって行動を促すか

優れたリーダーはどうやって行動を促すか(サイモン・シネック)

急に思い出してサイモン・シネックのTEDトークを視聴。

この動画と出会ったのは数年前の夏。

その頃のボクと言えば、やたらと脳科学の本を読んでいました。

「体調が悪くなるのは、全て脳の仕業なのでは?」

「日々の食事は、脳にどんな影響があるのだろうか?」

「脳を上手にコントロールできたらハッピーなんじゃないか?」

そんなことを考えていたのでした。

それより以前には「機能と情緒はワンセット」だと教わりました。

機能(何を得るか)と情緒(どんな気分か)が一緒だと人は動く。

「○○をしましょう!」っていう先にポジティブな感情がプラスされたらOK!

じゃあ…

ボクら教師やスポーツ指導者は、どのように子どもたちに伝えればいいのでしょう。

「へー!○○してみたいんだね。いいねー。できたらどんな気分になるだろーね??」

なんて具合に話します。

ゴールに到達するだけでなく、到達したときにどんな気分でいたいか。

「やったぜ!」とか「サイコー!」とかポジティブな感覚をイメージしてもらう。

みんな「ハッピー」になれるなら頑張れちゃう。

そうなると、ちょっと難しい課題であってもスムーズに取り組むことができるます。

人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされるのです。

とサイモン・シネックは語りますが、それだけじゃあ何かが足りない。

「なぜ?」だけじゃ頭で分かっていても動けないものです。

ダイエットを考えたら理解できる気がしませんか?

「なぜ?」と一緒に「どんな気分?」をプラスしてポジティブに行きましょう!

さて…

8月もスタートですね。

まだまだ暑い日が続きますので、皆さん健康にはくれぐれもご注意ください。

Enjoy Summer.

サイモン・シネック『優れたリーダーはどうやって行動を促すか』【日本語字幕完全版】