【発売中】「どの子も輝く教室のつくり方」

積雪と子どもたちの歓声と笑顔

積雪と子どもたちの歓声と笑顔

昨夜から「大雪警報」が発令されていた佐久穂町。

首都圏だったら休校を考えるレベルだなと思いつつ朝を迎えます。

早朝4時には目が覚めて…

障子戸を開けてみたら先日よりも積雪がある。

気象庁4時44分発表でも警報は継続中…

「さて、どうなるかな?」

なんて考えながら珈琲を淹れて、判断時刻の6時が迫ります。

まずは、教頭先生に電話。

「ちょっと諸々確認してから、また電話しますね。」

ということで佐久穂町役場、佐久穂小学校長へ電話をします。

「これくらいだったら通常通りです。」

という言葉を聞いてホッとして再び教頭先生へ電話。

そして、事務&バス運転をしてくれている仲間にも「通常通り」と連絡。

子どもたちは、いつものようにやって来て、いつものようにはしゃぐ一日。

雪遊びは何とも楽しそうで、見ているだけで幸せな気分になります。

雪を集めて傾斜をつくって「そり滑り」にチャレンジする子。

雪合戦の陣地をつくっては雪玉を用意する子。

雪上サッカーを楽しんでいる子。

さまざまな姿があって、それぞれに没頭しています。

こういった時間は絶対に止めたくはありません。

学習すべき教科の課題もあるけれど…

まずは、たっぷり遊んだらいいさ。

タイトルとURLをコピーしました