子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

シャーペンを探求する楽しみ

シャーペンを探求する楽しみ

今日は冬らしい空気に包まれた大日向。

それでも、平年よりは暖かいそうで…

来週からは一気に寒くなるらしく身体に「大丈夫か?」と問いかける金曜日です。

ブロックアワーの時間…

シャーペンを分解して何かをしている2人の男子を眺めていました。

「おいおい、課題はどうしたんだい?」

「そろそろ学習に戻ったらどうだい?」

そんなことを思ったけれど伝えるのはグッと堪えました。

なぜかって?

ボクにも同じような経験があるからかもしれません。

先端のパーツを取り除き、芯が出るための中心となる構造物を眺める。

カチャカチャとノックボタンを押す。

芯が先端から出てくるのだけれど、そのためのメカニズムを知りたい。

どうやら「芯チャック」と「チャックリング」というパーツが肝らしい。

何度も芯を入れては出して構造を確認しています。

「ここがこうなったときに、開くんじゃね?」

「あー!なるほどね」

ひとしきりシャーペンをいじくりまわして納得した様子…

その後はスッと学習に戻りました。

一般的なシャープペンシルのしくみ

「もしも学校スタンダードがあったら?」

きっとこんな時間はないでしょう。

なぜなら、シャーペンを持って来ている時点で注意を受けます。

それでもボクはこんな時間が必要だと思っています。

「なぜ?」

疑問を持った子どもたちの探究心は本当に凄いものです。

もう大人の声なんか忘れちゃうくらいに夢中になっている。

そんな好奇心の芽を摘む行為は避けたいなって思うのです。

昨日も書いたけど(笑)

とはいえ仕事としての学習も大切なのでバランスには要注意。

そんなことを考えながら1月最後の一日も終了です。

今週もお疲れ様でした。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました