【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

花言葉は「心の強さ」という小さな花

大日向に咲くゲンノショウコ

長らく曇り空や雨が降り続いた大日向の日曜日。

今日は少し太陽が出る時間もあって嬉しい休日でした。

ちょっと仕事めいたことがあったり、研究会があったりという午前中。

昼過ぎは、掃除をしたり買い物に出かけたり…

夕刻はJリーグをテレビで観戦したり…

締めは半沢直樹の最終回ですね(途中で寝ないようにしたい)

稲刈りの時期、黄金色に輝く田んぼの周辺には秋桜も咲き乱れています。

それはそれで美しくてたまらないのですが…

今日は、こんなふうに仲良く咲いている花にキュンとなってパシャリ(笑)

「ゲンノショウコ」と呼ばれる薬草にもなる植物です。

とても小さな花ですが、秋の草むらに凜と咲いています。

花言葉は「心の強さ」とか…

周囲の雑草たちに負けじと凜と花を咲かせるからなのかなあ。

よく分かりませんけども…

でも、何だか生命力あふれる姿には感動してしまいます。

ボクはどういうわけか、こういう小さい花が大好きなのです。

意図も簡単に踏み潰されてしまいそうだし、目にもとまらなそうだけど…

「ああ!なんて逞しくて美しい花なんだろう!」

て感動してしまうのです。

どこからともなく種が飛んで来て、雨が降り、土の中へ根っこが伸びる。

やがて葉が出て茎が伸び、花が咲いていく。

与えられた環境で精一杯に生きている植物は魅力的です。

さて…

ボクの人生という名のボールは転がり続けて、今は大日向にいます。

この花のように「心の強さ」を持って生きているだろうか。

そんなことを語りかけてくれる可憐な花に出会う日曜日。

さあ、明日からも頑張ろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました