スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「山のてっぺん」を目指してボクらは登り続ける。

「山のてっぺん」はどうなっているのかな?

2月最後の金曜日は雪が舞う時間もあった。

「雪が降ってきたよー!」

とある子どもが嬉しそうに教えてくれる。

「おー!ほんとだ!あれ?もう時間だよ」

その子はスタッフルームのヒーターから離れずにいた。

「いやーその…寒いからさ、お尻あたためてからいくから待って」

「なるほど、お尻が焦げないようにね(笑)」

そんな会話をしてボクは自席で仕事をする。

数分後にチラッと見るとヒーターの前から姿は消えていた。

子どもたちと会話することは本当に楽しい。

「雪、やんじゃったねー」

「でも、まだ山のてっぺんは降ってるんじゃない?」

「なんでそう思うの?」

「だってさー、雲で見えないしさー、いつもてっぺん辺りだけ積もってるもん」

「そうか、まさかの雨だったりしないかな」

「いや、そんなことはないよ。高いところは寒いんだから」

「たしかにそれはあるよね。でも、めちゃくちゃ晴れてるってこともあるかもよ」

「あー!それはあるかもね。雲の上かー(笑)」

こんなふうに楽しめるのは幸せなことだよね。

ふと考えたことがある。

山のてっぺんは見えている方が嬉しい。

その頂きを目指して登ることができるからね。

とはいえ、山の中に入るとてっぺんは見えない。

その分、登山道で出会う様々な光景を楽しみつつ登ることができる。

途中、道に迷うようなこともある。

危険な生き物に遭遇することだってある。

天候が崩れたら一旦は撤退して再び挑むことだってあるだろう。

それでも、ボクらは協力して登り続ける。

一人じゃなくて、みんなで何度も何度も挑む。

「誰もが、豊かに、そして幸せに生きることのできる世界をつくる。」

そんな山のてっぺんをめざして。

タイトルとURLをコピーしました